So-net無料ブログ作成

マンガ肉を作ってみよう09 [マンガ肉編]

 前回の陶芸教室での実践で、上手く出来なかった石膏型での成型について考えてみました。

 前回は、粘土を型に詰めて圧縮する際に型から押し出される余分な粘土の逃げ場がないことが問題だったと思います。
 絵に描いて考えてみると、確かに充分な粘土の逃げ場がないとしっかり成型できるまで圧縮が出来ないであろうと考えられます。
clay_mold.GIF
 あ、図の4番目のコメントは「幅が狭いとAB部分の粘土が型からはみ出る量が増える」が正確ですね。
 うーん、書いてしばらくして読み返さないと自分の考えにも誤解が混じってしまう。気をつけよう。

 現状では、先に作った陶器マンガ骨の仕上がり待ちで、新たに石膏型を使って作るかどうかは未定ですが、こういった型取りの基本は、素材が何であれ同じであると思います。
 次回、同様に型取りでなにかを成型する場合は、余分となる材料の逃げ道も考慮する必要があります。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。