So-net無料ブログ作成
検索選択

シドのメガネ [フロントホック式メガネ]

 半年ほど前ですが、友人とお酒を飲んで翌朝起きたらメガネのフレームが割れていました。
 フレームの真ん中、鼻にかける部分がポッキリ折れて左右二つに分かれてしまいました。

 もったいないと思ったので、修理してみることにしました。
 ただ、普通に直しても面白くないのでちょっと工作です。

 ドラマのCSIニューヨークに登場する検死官のシドさんが面白いメガネをしています。
 そのメガネは、フレームの真ん中で左右に分割されており、普段は首にかけていて、何かに注目する時にメガネをカチッと合体させて掛けるのです。
 こんな面白い物なのに、ドラマではピクリとも触れられていません。

 ということで、このメガネを再現してみました。
glasses002.jpg

 この通り、ちゃんと引っ付きます。
glasses003.jpg

 工作の手順としては、折れた部分を切除して磁石を付けられるように平面を出して、瞬間接着剤で磁石を付けるだけです。
 磁石は100円ショップのダイソーで売っているマグネットクリップです。
glasses000.jpg

 小型ですが非常に強力な磁石で、工作では重宝しています。
 これをペンチを使ってプラスチック部分を割って磁石だけを取り出します。
glasses001.jpg

 取り出した磁石をフレームの切断面に接着すれば、これで完成です。

 意外と簡単な工作な割りに、人に見せるとインパクトが大きい、オイシイ工作です。

 ちなみにクリックリーダという製品名で老眼鏡が販売されているらしいです。
 http://clicshop.jp/index.html
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。