So-net無料ブログ作成
検索選択

フレミングの法則の実験、失敗の記録 [フレミングリング]

 ふと思いつきで、フレミングの左手の法則の実験がしたくなりました。

 リング状に配置した金属レール上に金属球を置いて、レールに電流を流した場合、金属球がグルグル回り続けるはずだと思いました。
 理論上では、少ない電力でも一定の力が金属球に加わり続けると思ったので、最終的にはかなりの高速でグルグル金属球が回ってくれることを期待しています。


 で、基礎実験としてスモールスケールの装置を作って金属球が動くか確認しました。
 乾電池と針金と金属球を適当に配置して、針金に電流を流しましたが金属球が火花を散らしたり熱くなるだけでした。ピクリとも動いてくれません。

 確認のための適当な実験だったので、12Vの直流電源(乾電池)と針金だけで保護抵抗も何もかませていなかったのでそりゃショートして金属球が熱くなるよねとは思いましたが、それでも多少は動いてくれると思ったのに。
fleming_001.jpg

 金属球が小さすぎるのか、金属球とレールの接触が不十分なのか。
 ちょっと考えます。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。