So-net無料ブログ作成
検索選択

命の重さは21グラム、ってのは心臓の鼓動(振動)の有無による誤測定でしょ?の実験 [その他]

 「21グラム」という映画があります。

 21グラムという元ネタは、人が死ぬときに体重が21グラム軽くなるという実験結果があるという話だそうです。
 死亡時に水分が蒸発したとか、ガスが抜けた分軽くなったという解釈もあるようですが、何かの本で完全に密閉した大きなケースを用意し臨終直前の人に入ってもらい、そのケースごと重さを測って追試験がなされたが、やはり重さの減少を観測したという話を読んだ記憶があります。

 その話から類推したのが、人間の心臓が動作する際の「振動」です。
 ということで、振動が体重計に影響を及ぼすかを実験してみました。

 田宮のギアボックスと重り代わりのナットを使ってバイブレータを作成し、キッチンスケールの上に固定しました。
scale_21g.jpg

 モータを動かす前に、キッチンスケールの重さをリセットして0グラムとしました。
 その後、モータを動かしてナットのついたアームを回して振動させます。
 すると、キッチンスケールの表示が0グラムから2グラムや3グラムに変化しました。まあ振動しているから秤の目盛がぶれるのは当たり前ですが、振動が一定のタイミングや振幅になると、共振ではないですが目盛の変化が一定になると思います。
 実験では、2グラムになっている期間が続く場面がありました。



 まだ分かりやすい再現結果が出ていませんが、今回の実験ではある程度、振動による重さの誤測定の可能性が示されました。(実験では2グラムと安定して見えている期間が存在します)

 振動の大きさ、周期などを調整できれば、より長時間にわたって重さの誤測定が継続し、振動を止めた際に、振動中に比べて重さが軽くなったように見えることが再現できるかもしれません。


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 1

風来鶏

はじめまして、風来鶏(ふらい・ど・ちきん)と申します。
今後ともよろしくお願いしますm(__)m

21gですか?!
二酸化炭素のmol重量を44gとすると、1/2mol程度減ったことになりますね(^^;;
by 風来鶏 (2014-03-18 16:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。