So-net無料ブログ作成

ホッキョクグマ着ぐるみでのガイドボランティアについて [東山動物園]

 本日、東山動物園のガイドボランティアの研修もあったため、ホッキョクグマ着ぐるみでのガイドボランティア活動に参加しました。

 今回使用した白クマ着ぐるみバージョン9.6は、今まで着用時のストレスだった『着る姿勢によって隙間が見えて、本物かもしれないと信じてくれる子供に中の人の存在に気づかれる』という問題をできる限り減らしていました。
 出張帰りで時間も確保できず、手足の仕上げは未完成の状態ではありましたが、視界確保のためののぞき穴に関しては、比較的目立たないようにしたつもりでした。
kuma_9_6_106.jpg
 作った本人は、ばれないだろうと自信満々でした。

 で。本日の結果ですが、以下のコメント、リアクションをお客様(おもに約10歳以下)に頂きました。

 ・わぁークマさん。ぎゅーして。(なにそれ超かわいい)

 ・クマさんオリから出てきたの?(本物かと信じてくれているようです)

 ・あ、のぞき穴があるよ?(完全にばれてます)

 ・のぞき穴に眼つぶし(完全にばれてます)

 ・ねーねー、男?女?しゃべれないの?(これはばれてますよね?)

 ・中の人、白クマさんなの?(これは複雑。ばれているけど、ある意味ばれていない?)

 ・中の人、マツコデラックスなの?(予想の斜め上の発想過ぎて、子供ってすごいと思いました)


 まあつまり、もうちょっと視界確保の部分については目立たないような工夫を追加したいと思います。
 あとは、しゃべらなくてもガイドができるように、めくり芸の仕込みをしていきたいと思います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。