So-net無料ブログ作成
検索選択

ペットボトルロケットの製作その04 [ペットボトルロケット]

 工作室の整理のために、ジャンク箱をひっくり返したところ、4年前に製作したペットボトルロケットの発射台が出てきました。
rocket000.jpg

 よくよく考えたら、毎年、夏になったら遊ぼうと思いつつ、いろいろ忙しくて忘れてしまっていました。
 発射台だけ作ってお腹一杯になりペットボトルロケット本体を作らず4年も放置するという、いつもの目的と手段が入れ替わって満足しているパタンでした。

 4年も放置していたので、さすがに機能不全を起こしているだろうと思いチェックしましたが、意外と問題ありませんでした。
rocket001.jpg

 ということで、今年こそ、ロケットを作って実際に試射して遊んでみます。
 製造後時間がたっていることと、そもそも4年前の自分が作ったという点の怪しさを考慮し、小さめのロケットを少ない圧力で飛ばす程度の遊びとしたいので、ロケットは500mlのペットボトルで製作する予定です。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 2

フラチキさん

ペットボトルのふた+カプラーのオスの部品が自作なのですね!
私はこれの自作あきらめて売り物を調達してました。
エポキシでの接着で十分な強度得られましたか?
by フラチキさん (2013-07-29 22:47) 

degochi

自分もその辺りはふあんでしたが、使ったエポキシ接着剤のセメダインEP001の接着の力は、だいたい5N/mm^2で5MPaの耐圧。
フタとカプラの接触面からすると、だいたいその70%ぐらいの強度と見積もります。
ってことは、3.5MPaで、ウソ、35気圧までは耐えられる計算?
安全係数3とっても、10気圧ぐらいまでは耐えられそうです。
ほ、本当かぁ?という感じですが、まあなんとか大丈夫そうです。
http://www.cemedine.co.jp/product/industry/elasticity.html
by degochi (2013-07-30 12:18) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。