So-net無料ブログ作成

キリン一番搾り樽生二本セットを購入 [低コストビールの自作]

 ビール自作のために、瓶詰めする容器確保が必要になりました。

 スクリューキャップが使えて便利なのは1.5リットルペットボトルや2リットルのアルミ缶ですが、これらの容器だと飲む時に一気に飲まないと気が抜けて、さらに空気に触れるため酸化して美味しくなくなります。

 そこでビール自作の道を突き詰めた家庭醸造家たちは、居酒屋などで使われるケグというアルミ樽を使ったりするそうです。

 ただ、それらを買い揃えると結構な値段になってしまいます。

 出来たてのおいしいビールを飲むことと同じぐらい重要な要素として低コストを目指しているため、どうしようかと考えていたら、物置から「キリン一番搾り樽生サーバーセット」を発掘しました。
 すでにサーバーセット自体は生産終了となっており、このサーバーで使える一番搾り樽生も2013年12月で販売終了とのことです。サーバーセットを買った数年前の自分偉い!

 ということで、必要に迫られたのでしょうがない出費として販売終了となる前に樽生を注文しました。
beer017.jpg

 1520ml缶が2個セットで2800円(送料込)。
 キリン樽生一番搾り  http://www.kirin.co.jp/brands/tarunama/whats/

 これ飲みながら今この記録を書いているのですが、樽生美味しいです。これが販売終了とか本当に勿体ないです。

 ということで、次回のビール醸造はピルスナータイプにして、このアルミ缶を使うことにします。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0