So-net無料ブログ作成
検索選択

マンガ肉を作ってみよう24 一口サイズのマンガ肉 [マンガ肉編]

 先月、久しぶりに陶芸をしてマンガ肉用の陶器製骨を作りました。
 週末焼き上がったので、回収してきました。
 今回は、ある程度見た目が揃った感じになりました。
manganiku_s_000.jpg
 小型のは箸置きにでも、という意図で作りました。

 出来上がったマンガ骨でマンガ肉を試作したくなったので、今日作りました。
 が、お肉を買っていないことに気が付いたのが夜だったので、近くのスーパーで買えたのはカレーなどに使うためのある程度小さなブロック肉。そのため、箸置き用として作った約4㎝のマンガ骨で一口サイズのものを作ることにしました。
manganiku_s_001.jpg

 まずは適当な大きさに切った上で、塩を振って常温に20分程度放置して肉の温度を常温近くに戻します。
manganiku_s_002.jpg

 肉の形を整えて、肉の中心に包丁で穴を開けます。今まである程度大きい肉で作ってきましたが、今回のように親指程度の大きさしかない肉を加工するのは大変でした。
 なかなか骨が肉の穴に入らないので、最初の一つ目は10分程度時間がかかってしまいました。
manganiku_s_003.jpg
manganiku_s_004.jpg

 残りの肉にも小型骨を差し込んで準備完了です。ここまで小さく手でこねながら強引に骨をねじ込むなどしていたので、肉は叩かずともかなり柔らかくなっていました。
manganiku_s_005.jpg

 このままオーブンに入れてもいいのですが、マンガ肉の表面は焦げ目っぽい仕上がりの方がイメージに近いので、今回初めてバーナーで炙ってみました。
manganiku_s_006.jpg
 ちょっと色が付くぐらいの炙りですが、肉の焼ける匂いが美味しそうです。夜の11時を回った時にやる作業ではありませんでした。

 肉が小さすぎるので、今回は余熱しておいたトースターを使いました。
manganiku_s_007.jpg

 これまでの経験から、過熱時間は1分半程度としました。あまり焼きすぎると肉の中までパサパサになってしまい、食いつくと柔らかい感覚が残っているマンガ肉としては不合格となるためです。

 そして出来上がったのが、こちらの写真
manganiku_s_008.jpg

 小さいながらも、こんがりおいしそうに焼けました。


 今回大量に作った陶器製のマンガ肉用のマンガ骨は、また売出ししようかなと考えています。
 
nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 3

コメント 4

ロコ68

はじめまして、すごく興味を引かれる内容の記事だったのでコメントさせていただきます。マンガ肉の骨はまだ売っていますか?あるようであれば是非とも譲っていただきたくコメントさせていただきました。よろしくお願いいたします。
pinkandqueen6587@yahoo.co.jp
by ロコ68 (2016-09-20 17:02) 

degochi

ロコ68さん、はじめまして。
コメントありがとうございます。マンガ肉の骨、まだ余っており販売しておりますので、後ほどメール致します。
by degochi (2016-09-20 23:41) 

ミカゲ

はじめまして。
マンガ肉の骨を探して彷徨っていたらこちらに辿り着きました。

もしまだ販売していましたら、価格など詳しい事を教えて頂きたいと思いコメント致しました。

お忙しい事とは存じますが、お返事いただけましたら幸いです。

delivery703@yahoo.co.jp
by ミカゲ (2017-02-11 06:15) 

degochi

ミカゲさま
初めまして。コメントありがとうございます。
メールにてお返事お送りしましたので、ご確認お願い致します。
by degochi (2017-02-17 19:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。