So-net無料ブログ作成
検索選択

ホッキョクグマ製作日記129 頭部土台新型とグリズリー君 [リアル系白クマ着ぐるみ編]

 シロクマ着ぐるみの頭部土台を作るためのシリコーン型を新調しました。
 今回の修正から、比較的短時間で頭部土台を作れるようになりました。
 土台の成形で使う材料は発泡ウレタンです。二液性のものにしたので、硬化時間が短くすぐ固まるので気の短い自分には最適な材料だと思います。

 まずは二液の発泡ウレタンの液体を空き瓶などの容器に入れ替えます。こうしておくと液を注ぐ時に容易で助かります。
shirokuma131_000.jpg
 すばやく混ぜ合わせないと型に流せなくなるのでスピード勝負です。ただし、あせりすぎて混ぜるのが半端になると硬化しない部分が出来て、べとつきます。
shirokuma131_001.jpg

 綺麗に反応すると発泡ウレタンは五分程度で方から取り出せます。
shirokuma131_002.jpg
shirokuma131_003.jpg
 この土台を使ってシロクマ着ぐるみを作っていきます。


 新しく作った着ぐるみは、名古屋の歩行者天国開催デーでタライ落とし動画撮影も兼ねて栄で使用しました。
 歩行者天国は当日はそこまで混んでいませんでした。
shirokuma131_004.jpg

 お腹に詰め物を入れて、多少ボリュームを出しています。
shirokuma131_005.jpg

 タライ落とし動画はすでにアップロードしていますが、撮影した写真の中ではジャンプした写真が良く撮れたと思いました。
shirokuma131_006.jpg

 同じく名古屋は栄で開催される夏のオクトーバーフェストに、今年もお邪魔して、今年こそビールを飲むために、着ぐるみのまま飲み物が飲めるように改造を進めています。
shirokuma131_007.jpg

 方法は単純に口を開けてそこに漏斗のようなパーツを組み込んで、チューブで口に誘導するというものを検討しています。
shirokuma131_009.jpg
shirokuma131_010.jpg

 4月末に開催されたベルギービールウィークエンドで、実際に試作した機構のチェックを行い、そこそこ飲めることは確認済みです。
shirokuma131_011.jpg
 この正式版も7月頭までに完成させる予定です。


 あとは、いろんなものを並行してグリズリー君も作っていました。
 ある程度着ぐるみになれた家族は、リビングにグリズリーの着ぐるみが置いてあっても、特に何も言わなくなりました。
shirokuma131_014.jpg

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。