So-net無料ブログ作成
検索選択

巨大義手の製作03 量産型の作り方まとめ [巨大義手]

 巨大義手試作二号機の製作は一旦休憩して、ダンボール製の量産型ロボットハンドを作りました。
 簡単ではありますが、作り方の備忘録を残しておきます。

<用意するもの>
 ・ハサミ
 ・カッターナイフ
 ・セロテープ
 ・たこ糸
 ・ストロー(2本ぐらい)
 ・ペットボトル

 まずはラフスケッチをしてアイデア検討。複数パーツを組み合わせるのは大変なので、ダンボール1枚を切りぬいて作る方針としました。
robothand_009.jpg

 型を決めたら、型の通りにダンボールを切って、折り曲げて形を作っていきます。
robothand_010.jpg

robothand_011.jpg

 ロボットハンドを動かすために使うタコ糸を通すストローを切ります。1cm程度の長さで19個に切り分けます。
robothand_012.jpg

 ストローは指の先端を除いた、指の腹の部分にセロテープで取り付けます。
robothand_013.jpg

 指先にタコ糸を結び、取り付けたストローを通して手首側まで糸を引きまわしておきます。
robothand_014.jpg

robothand_015.jpg

 タコ糸が引かれるとロボットハンドの指が曲がります。この動きは、人間の指とだいたい同じ機構です。

 ただ、人間の手の機構を単純化して再現しているだけなので、指を伸ばす方向の力は別のもので与えておかなければなりません。(曲げたら曲げっぱなしになってしまう)
 そこで、ペットボトルを1cm程度の幅でロボットハンドの指の長さ分の短冊にして、板バネとして使います。
 指に差しこんで指の根元の方でセロテープで留めておきます。
robothand_016.jpg


 タコ糸の調整などは、使用者の手の形に合わせて工夫する必要があります。調整すると下記動画のような操作が可能になります。



 今回作ったロボットハンドの型紙は下記のイメージです。作れる人はこれだけの情報でも作れると思います。
 もうちょっと詳細にしたものを作って本当に工場に発注して、組み立てキットとして販売してみようかしらと検討中。需要あるのかしら。
robothand_017.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。