So-net無料ブログ作成
検索選択
リアル系白クマ着ぐるみ編 ブログトップ
前の10件 | -

ドラマの相棒シリーズでシロクマ着ぐるみを使って頂きました [リアル系白クマ着ぐるみ編]

 事後報告ですが、テレビ放送でスタッフロールにも提示されたので公知の事実としてお仕事の活動記録です。

 2017年1月1日に放送されたTVドラマシリーズの相棒15で、弊社カシャゴ製作所のシロクマ着ぐるみを使用して頂きました。
aibou_shirokuma.JPG
 昨年末からの撮影で時間のない中、舞台美術の方と相談しながら綱渡り状態での着ぐるみ製作と修正を行い、なんとか形だけは整ったという感じだったかと反省しています。

 これまでリアル系のクマ着ぐるみを作ってきてお仕事してきましたが、ザックリまとめると下記の通りです。
 今後もコツコツ活動を続けつつ、着ぐるみの品質向上に努めたいと思います。

 ・2009年、Superflyの「やさしい気持ちで」のPVにシロクマ着ぐるみ提供
 ・2012年、工藤啓著「大卒だって無職になる」のカバー撮影にシロクマ着ぐるみ提供
 ・2013年、花王、爽快メリットCoolのテレビCMにシロクマ着ぐるみ提供
 ・2014年、キシリクリスタルのテレビCMにシロクマ着ぐるみ提供
 ・2014年、演劇、ディラックの花嫁へのグリズリー着ぐるみ衣装提供
 ・2014年、日本観光振興協会のツーリズムEXPOジャパンイベントにシロクマ着ぐるみ提供
 ・2014年、ピーチジョンカタログへのシロクマ着ぐるみ提供
 ・2015年、あゆみくりかまき「蜜蜜蜜」のPV撮影のためグリズリー着ぐるみ提供
 ・2016年、アオキーズピザ 東山動物園コラボキャンペーンでホッキョクグマ着ぐるみ提供
 ・2017年、テレビドラマ相棒へのシロクマ着ぐるみ提供

シロクマ着ぐるみでの活動報告 [リアル系白クマ着ぐるみ編]

 7月から8月にかけて、シロクマ着ぐるみでの活動をしました。

 7月23日に科学技術館で開催された博物ふぇすてぃばるに参加してきました。
shirokuma16_007.jpg
 当日は新しく作ったシロクマ17号を持っていき展示即売しました。おかげさまで1体売れたので屋外で購入者様に合わせて仕上げをしました。
shirokuma16_008.jpg

 久しぶりの東京だったので、東京スカイツリーに登ったり上野動物園に行ったりして観光もしてきました。
shirokuma16_010.jpg
shirokuma16_006.jpg

 そしていつもの流れで、しろくまカフェ高田馬場店へお邪魔しました。
 今回はグリズリーくんとオオカミくんも一緒でした。閉店間際でしたが、お店の方は親切に対応してくださいました。
shirokuma16_009.jpg


 8月6日は毎年恒例のコスプレサミットに参加しました。
shirokuma16_011.jpg
 シロクマくんの声が出せないため普段シロクマ着ぐるみを着る時は喋らないのですが、写真撮影など時にコミュニケーションが必要なので今回はウチワに撮影OKと書いておきました。
 会場には1時間半ほど滞在してたくさんの方とお会いすることができました。
shirokuma16_013.jpg

 毎年、夏の着ぐるみなので汗だくになるのですが、帰ってからまずは着ぐるみを先に洗濯します。着ぐるみのメンテナンスはこれぐらいですが、汚れを残すかすぐ洗うかで着ぐるみの持ちは良くなります。
shirokuma16_012.jpg

 ということで今年の夏の着ぐるみ主な活動報告でした。



レンタル用のホッキョクグマ着ぐるみ [リアル系白クマ着ぐるみ編]

 現在貸し出しでメインに使用している着ぐるみの写真と情報をまとめてみました。
shirokuma16_000.jpg
 シロクマ着ぐるみ16号の全体図です。着ぐるみ掛けにかけている状態なので、全体としてややほっそりと見えてしまいますことご了承ください。

 シロクマ11号あたりから、大きく顔のつくりは変わっていません。
 途中で販売など対応していたため、現在16体目です。
shirokuma16_001.jpg

 顎の下に視界のためのメッシュがあります。
shirokuma16_002.jpg

 手の肉球は人工革で作り込みしています。爪はスポンジゴムで、着ぐるみの爪に引っかけても怪我をしないように配慮しています。
shirokuma16_003.jpg

 ファスナーは脱着の容易さを優先して背中に配置しています。
 着用時は、着ぐるみに入った後一人で尻尾あたりから後頭部あたりまでファスナーを引き上げます。首の部分でファスナーの末端が入り込むようになっているので、一人で着た場合でも出来る限りファスナーが目立たないようになっています。
shirokuma16_004.jpg

 具体的な着ぐるみの着用手順は下記の通り、足を入れて頭を入れて、最後に背中とお尻を入れ込んでチャックを閉めて完了です。
howtowear.jpg

 各部のサイズは、着用後の身長が175cm、首回りが90cm、胴回りが120cm程度です。
 毛皮の伸縮と遊びがあるため、着用者の身長は155cm~175cm程度まで着用可能です。
shirokuma16_005.jpg


ホッキョクグマ着ぐるみでのガイド活動告知 [リアル系白クマ着ぐるみ編]

来たる2016年6月19日の日曜日の午前10:15から11:45に、東山動物園でホッキョクグマ着ぐるみでのガイドボランティア活動を実施します。

活動内容はホッキョクグマの簡単なガイドとお客様の対応です。
着ぐるみでの記念写真や握手、ハグなど可能な限り対応致しますので、ガイドを聞くついでにお越し頂ければ幸いです。
見た目はどこにでもいるホッキョクグマなので、ご自身で撮影された写真であればネットへのアップロードも問題ありませんのでお気軽に。
むしろ動物園の広告にもなるので、広報活動のご協力お願いします(^_^)

当日は下記写真のようなシロクマくんの格好ではなくホッキョクグマらしくあろうと思いますが、サービス精神は持ち合わせていますので、お気軽にお声かけください。
shirokuma_cossami004.jpg

シロクマ着ぐるみでビール飲めるようになりました [リアル系白クマ着ぐるみ編]

そういえば、シロクマ着ぐるみでビール飲めるように改造しました。
細かい製作記事まとめていなかったので、後でまとめます。

毎年シロクマくんの着ぐるみでビールに関連するイベントに勝手に参加しており、明日5月8日に名古屋の栄で開催しているベルギービールウィークエンドに行く予定です。
お騒がせしますが、見かけたらなにとぞよろしくお願いします。

image.jpeg

今年もコスプレサミットに参加します [リアル系白クマ着ぐるみ編]

 直前の告知ですので広告効果はまったくないですが、明日8/1の13:00から15:00に名古屋コスプレサミットに参加します。
 参加はしろくまカフェのシロクマ君のコスプレというか、着ぐるみです。
 場所は栄のオアシス21会場を予定しています。
当日喋れないので私のポリシーを記載します。
・基本周りの迷惑にならない範囲でお願いします
撮影はご自由にどうぞ
写真のネットへのアップロードもOK
・感想はダメ出しも歓迎です。改善に役立ちます
・でも本当は褒められて伸びるタイプです
・握手、モフる等ご要望に可能な限り対応します
・ただし、暑いので汗で着ぐるみがしっとりしていたらごめんなさい。
・原作に対する悪口はやめてください。悪いのは私の着ぐるみです。
・セクハラ行為はやめてください。
・視界が悪いので声を掛けて頂いても気付けない可能性ありです。悪気はないので、めげずにお声掛け頂ければ幸いです。
image.jpg

ホッキョクグマ製作日記129 頭部土台新型とグリズリー君 [リアル系白クマ着ぐるみ編]

 シロクマ着ぐるみの頭部土台を作るためのシリコーン型を新調しました。
 今回の修正から、比較的短時間で頭部土台を作れるようになりました。
 土台の成形で使う材料は発泡ウレタンです。二液性のものにしたので、硬化時間が短くすぐ固まるので気の短い自分には最適な材料だと思います。

 まずは二液の発泡ウレタンの液体を空き瓶などの容器に入れ替えます。こうしておくと液を注ぐ時に容易で助かります。
shirokuma131_000.jpg
 すばやく混ぜ合わせないと型に流せなくなるのでスピード勝負です。ただし、あせりすぎて混ぜるのが半端になると硬化しない部分が出来て、べとつきます。
shirokuma131_001.jpg

 綺麗に反応すると発泡ウレタンは五分程度で方から取り出せます。
shirokuma131_002.jpg
shirokuma131_003.jpg
 この土台を使ってシロクマ着ぐるみを作っていきます。


 新しく作った着ぐるみは、名古屋の歩行者天国開催デーでタライ落とし動画撮影も兼ねて栄で使用しました。
 歩行者天国は当日はそこまで混んでいませんでした。
shirokuma131_004.jpg

 お腹に詰め物を入れて、多少ボリュームを出しています。
shirokuma131_005.jpg

 タライ落とし動画はすでにアップロードしていますが、撮影した写真の中ではジャンプした写真が良く撮れたと思いました。
shirokuma131_006.jpg

 同じく名古屋は栄で開催される夏のオクトーバーフェストに、今年もお邪魔して、今年こそビールを飲むために、着ぐるみのまま飲み物が飲めるように改造を進めています。
shirokuma131_007.jpg

 方法は単純に口を開けてそこに漏斗のようなパーツを組み込んで、チューブで口に誘導するというものを検討しています。
shirokuma131_009.jpg
shirokuma131_010.jpg

 4月末に開催されたベルギービールウィークエンドで、実際に試作した機構のチェックを行い、そこそこ飲めることは確認済みです。
shirokuma131_011.jpg
 この正式版も7月頭までに完成させる予定です。


 あとは、いろんなものを並行してグリズリー君も作っていました。
 ある程度着ぐるみになれた家族は、リビングにグリズリーの着ぐるみが置いてあっても、特に何も言わなくなりました。
shirokuma131_014.jpg

ホッキョクグマ着ぐるみでの活動予定 [リアル系白クマ着ぐるみ編]

 シロクマ着ぐるみでの活動に関する報告と今後の予定の告知です。

 ホッキョクグマ着ぐるみで東山動物園のガイドボランティアをしています。
 報告事項としては少し前のことですが、ガイド活動中に取材があり新聞の市民版に掲載されました。その反響で地元のラジオ番組でもインタビューを受けました。
 そして次回、テレビ取材が決まりました。とはいえ、取材後放送されるかどうかは不確定なのですが、これでまた動物園に来園されるお客様が増えれば良いなと思います。

 今後の予定については、個人的な活動として5月31日に犬山市にあるお菓子の城で着ぐるみ着たかったのですが、お菓子の城はイベント時以外は基本的にコスプレ禁止とのことなので断念しました。
 東山動物園でのガイド活動としては、6月7日の13:15から14:30の間でホッキョクグマ着ぐるみでのガイドを実施予定です。
 活動では、写真の着ぐるみを使う予定です。
shirokuma2.jpg
shirokuma1.jpg

 その後の個人活動予定としては、今年も7月に栄でオクトーバーフェストが開催されれば、可能な限りシロクマ着ぐるみで会場に足を運んで、ビールを飲む予定です。
 詳細とビール飲み機構の着ぐるみへの組み込みは、今後改めて報告致します。


しろくまカフェでのイベントに参加してきました(もう3月の話ですが) [リアル系白クマ着ぐるみ編]

 春先にいろいろ仕事が立て込んでしまったので更新が遅れました。

 タイトルにある通り、3月23日にしろくまカフェ高田馬場店に再度お邪魔しました。
 お邪魔した理由は、アニメしろくまカフェのBlu-rayBOX発売記念トークショーに参加するためです。
 トークショーにはキノボリカンガルー役の古川登志夫さんがいらっしゃると聞いたので、鼻血を出しながら急いでキノボリカンガルーの帽子を作ったのが前回までのあらすじです。
 古川さんといえば、ガンダムのカイシデンだったり、うる星やつらの諸星あたるだったり、ドラゴンボールのピッコロさんだったりと、私は古川さんの声を聞いて育った世代なのです。そりゃ寝る時間を削ってでもプレゼント作ります。

 ということで、キノボリカンガルーの帽子を片手に名古屋を出発。
shirokuma130_016.jpg

 ちゃっかりイベントに参加した上に、シロクマ君の格好で古川さんと写真を撮って頂きました。
https://twitter.com/toshio_furukawa/status/579991929875623938

 さらにちゃっかり、原作者のヒガアロハさんに用意頂いたイラスト入りサインを貰ったりしました。
shirokuma130_018.jpg

 イベント後片付けが終わった後に食べたシロクマパフェもおいしかったです。
shirokuma130_019.jpg

 ということで、久しぶりの更新は良かったこと備忘録でした。


キノボリカンガルー製作日記 その2 [リアル系白クマ着ぐるみ編]

キノボリカンガルーの製作日記続きです。
頭部土台に目を入れます。原型を作る時に、目をはめ込むサイズを適当にしてしまっていました。
おかげで目のパーツをねじ込むのに苦労しました。
ほんのちょっとの事ですが、先の工程を考えて作業することの大切さを再認識しました。
shirokuma130_007.jpg

今回新規の製作なので型紙はありません。
頭部土台にセロテープを貼り付けてから、縫製を考えながら切り取って型紙のもとを作ります。
shirokuma130_008.jpg

フェイクファーを切り出し縫い合わせてから頭部土台に張り付けます。毛色が白いとどう見てもアルパカです。ありがとうございました。
shirokuma130_009.jpg

アルパカからキノボリカンガルーにするために、毛皮の白い部分をマスキングしてから茶色に塗装します。
shirokuma130_010.jpg
shirokuma130_011.jpg

マスキングを取ると意図した通りの塗装になってくれました。ただ、今回は染色スプレーを使いましたが、表面がゴワゴワしてしまいます。この辺りは今後改善していきたいです。
shirokuma130_012.jpg

最後に毛皮を整えて、目の部分を切り出して仕上げました。
shirokuma130_013.jpg
shirokuma130_014.jpg
shirokuma130_015.jpg

いきなり作ったキノボリカンガルーの一作目ですが、しろくまカフェでのイベントで、キノボリカンガルー役をされていた古川登志夫さんにプレゼントして受け取って頂くことができました。
ということで、キノボリカンガルー製作日記はこれで完了です。



前の10件 | - リアル系白クマ着ぐるみ編 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。