So-net無料ブログ作成
非リアル系着ぐるみ編 ブログトップ

指しゃぶり防止のための白熊風手袋の製作 [非リアル系着ぐるみ編]

 子供の指しゃぶりの癖が直らず、歯科検診で歯並びなどにも影響が出るのでそろそろ直していった方がよいという指摘を受けました。

 これから冬になっていき、外出先で指しゃぶりをして豪快に風邪などの菌を取り込ませないためにも早急な解決が必要です。

 これまでに言い聞かせや指に絆創膏を貼るなどの対策を施し、一定の効果は得られたものの完全には指しゃぶりの癖を直すことはできませんでした。
 そこで今回、手袋を使って指しゃぶりを防止する作戦にうって出ることにしました。

 まあ普通に市販の手袋でも買ってくるのが早いとは思いますが、普通の手袋ではすぐに取られてしまうと思ったので、子供が興味を引いてずっと付けているような工夫をしてみました。

 ということで、毛皮風の手袋を作って与えたら、興味を持って飽きずに付けてくれるか、という実験のため手袋を製作しました。

 余っているフェイクファー短毛タイプを適当に切り出して
glove01.jpg

 適当に縫い合わせ
glove02.jpg

 ひとまず作品完成です。
glove03.jpg

 本当に適当な作りですが、まずはこれを子供に献上し、気に入って頂けるかを確認してみることにします。

ベポの着ぐるみ、頭部完成! [非リアル系着ぐるみ編]

 裏地に不織布を使い、ベポの口から視界を確保するために不織布の一部にメッシュ素材を縫いつけました。

 目の代わりのボタンも縫い付けて、海賊熊ベポの着ぐるみ、頭部の完成です。

 実際に被って体とのバランスを見ました。
bepo017.jpg
 やや頬にボリュームを持たせて顔に丸みを出さないと、ベポらしくなさそうです。
 頭と体の大きさのバランスは、ある程度許容範囲だと思います。胴体部分に詰め物をしてボリュームを出せば、良くなるはずです。
 同僚がオレンジ色のつなぎを持っているとのことなので、それを着てもらい、この頭を被ってコスプレ遊びをしてもらうことにしました。


 今回の工作は構想から製作まで、いろいろな他事をしながらだったこともあり、4ヵ月強もかかってしまいました。
 実作業時間としては、10時間程度だったと思います。

 今回の製作では、野球帽をベースに作ると非常に装着しやすい着ぐるみ頭部が作れることがわかりました。
 今後のリアル系ホッキョクグマ着ぐるみに応用していけたらと思います。


ベポ、ほぼ完成 [非リアル系着ぐるみ編]

 鼻先のフェイクファーを、接着剤で下地に貼り付けました。
 貼り付けてみると鼻先の辺りのボリュームが抑えられ、多少全体のバランスが改善しました。

 また目のパーツは、今回は非リアル系の着ぐるみと割り切っているため洋服用の黒いボタンを使うことにしました。
 目の位置について、いろいろ試行錯誤して元のキャラクタの雰囲気が出せるポイントを探します。
 着ぐるみは立体なので、正面から見て良くても横や斜めから見るとイマイチになることが多いです。

 で、最終的に大体この辺りだろうと落ち着いたのが下図の状態です。
bepo015.jpg

 正面から見ると、うーん、やはり鼻先が大きすぎて不自然な印象を受けます。
bepo016.jpg

 ともかく、これでひとまず決着をつけるということにしました。
 後は目の本縫い付けと裏地の縫い付けをすれば完成です。


ベポ、やっと毛皮がつきました [非リアル系着ぐるみ編]

 やっとベポに毛皮をつけました。

 まずはフェイクファーを貼り付けるために型紙を取ります。
bepo011.jpg

 取った型紙よりも5mm程度大きめにフェイクファーを切り取ります。
bepo008.jpg

 耳の部分は、縦5cm、横10cm程度の毛皮から作ります。巾着のように両端を縫い絞って、
bepo009.jpg

 裏返せば耳っぽくなりました。
bepo010.jpg

 作った耳を適当な位置になるように頭部の毛皮に縫いつけます。
bepo012.jpg

 ひとまず全体のバランスをみるために鼻先のパーツにかぶせてみます。
bepo013.jpg

 うすうす感づいてはいましたが、鼻先、でかすぎたようです。
 しかし、ここからの修正は大変なので、あきらめて仕上げてみようと思います。
 目の位置がうまく決まらないと、キャラクタのイメージが変わってしまうので慎重に目の大きさと位置を調整します。
bepo014.jpg

 目はもうちょっと大きめにしないといけないかも知れません。



子供用シロクマ上着の製作 [非リアル系着ぐるみ編]

 4ヵ月に及ぶ出張が終わって名古屋に戻ってきました。

 落ち着いたので、週末の工作を再開しました。

 リハビリを兼ねて、子供用のシロクマ風上着を製作しました。
 友人が貰ってくれるというので、一気に複数個を同時に作ることにしました。支出の第一原則、「2つ作れるならば同時に作れ」です。

 布屋さんの大塚屋に行って、1.2m×1.2mで1500円程度のプードル風人工毛皮を購入してきました。
 型紙で取ると、ベストタイプのものを作るには、大体0.5m×1.2m程度で充分足りそうです。
DSCF8987.jpg

 2着のベストを作って、材料費は布代800円程度でした。これに100円のファスナをつけて1着500円です。
DSCF8989.jpg

 ついでなので耳付きのフードと袖をつけてみました。この追加分を入れても布代としては1000にならないので、トータルコストは1100円程度でした。
DSCF9012.jpg
 製作時間は、一部ミシンを使ってそれ以外は9割方手縫いだったので、延べ5時間ぐらいでした。


 久しぶりにフェイクファーを縫いましたが、やはり縫製するのは大変な素材だなぁと思いました。

ベポの鼻と口の着色 [非リアル系着ぐるみ編]

 口周りの下地と帽子が接着できたので、追加で紙粘土を盛って鼻を作りました。

 リアルなホッキョクグマの場合は、鼻は複雑な形をしているので苦労するのですが、マンガが元になっている今回のベポは、鼻の穴がありません。形を整えて終了です。

 口の周りは黒く塗っておきます。

 また、鼻は、表面をやや弾力のある黒に仕上げたかったので、柔軟性のあるエポキシ接着剤と黒い絵の具を混ぜて塗ってみました。
 これが乾燥すれば、つやがあって表面がゴムのような仕上がりの鼻になるはずです。
bepo007.jpg



ベポの歯を切り出してみました [非リアル系着ぐるみ編]

 違和感を感じていた鼻先ですが、紙粘土が乾燥したので歯を切り出してみることにしました。
bepo005.jpg


 と、その前に、イマイチ、ベポというキャラを掴めていなかったので、マンガ喫茶に行って読んできました。
 50巻以上あったので、どのあたりで登場しているか分からず難儀しましたが、適当につかんだ52巻に出ていたので学習してきました。

ONE PIECE 52 (ジャンプコミックス)


 ってか、字が多いッ!絵の密度が濃いっ!
 A4サイズぐらいの週刊誌に掲載されているときなら何とか読めるかも知れませんが、あの密度をコミックスで読むのはちょっと疲れました。


 ともかく何とか雰囲気だけはつかんで作業です。
 下書きした線に沿って、ナイフを入れます。相変わらずちゃんとした工具が無い環境ですので、ポケットナイフで作業です。

 紙粘土という柔らかい素材なので、細かな切り出しというのが難しいのです。
 刃を当てて小刻みに擦りながらナイフを紙粘土に滑り込ませていき、切ります。
bepo006.jpg

 切り出してみると、歯の感じが出てきました。この口の穴から外の様子を伺えるようになると思います。
 うん、なんかある程度上手く出来上がりそうな気がしてきました。


ベポの鼻先、なんとなく違うような気が [非リアル系着ぐるみ編]

 紙粘土をペタペタと貼り付けて鼻先を作り始めましたが、なんだか違うような気がしてなりません。
 使っている紙粘土は、100円ショップで売っている軽量紙粘土です。
 ベタづかなくて良いのですが、粘土の割れが多くてやや苦手です。
bepo004.jpg

 後追いで三面図らしきものをスケッチしてみましたが、毛皮を張ったら何とかなるかなと考えて、微調整はこの紙粘土が乾燥してからにすることとしました。


ベポの下地作り [非リアル系着ぐるみ編]

 今回は量産しないので、下地にいきなり肉付けをしていきます。

 下地は野球帽を使います。
bepo000.jpg

 ツバの部分が鼻先になるかと思い、曲げたりして試行錯誤しました。
bepo001.jpg

 適度に曲げて鼻先っぽくなってきました。帽子のツバの素材がプラスチックらしくある程度曲げると塑性変形するようです。
bepo002.jpg

 曲げにあわせてツバの先端を切って丸めました。
bepo003.jpg

 この下地に、次回は粘土で肉付けをしたいと思います。


海賊熊のベポを作ってみる [非リアル系着ぐるみ編]

 お久しぶりの着ぐるみ担当です。

 これまでリアル系ホッキョクグマの着ぐるみばかり作ってきましたが、この辺りでひとつ、リアルではない着ぐるみを作ってみることにしました。

 会社の同僚から、お題を貰いました。今回は、海賊熊のベポの頭部を作ってみます。

 とその前に、ベポ自体を知らないのでいろいろ調べました。
 歯が凶悪な感じで素敵です。変に可愛くないところに好感を持ちました。頑張って作ります。


 まずは大まかにスケッチしてみました。
 大体の大きさが掴めたので、今後はどう作っていくか、検討してみます。
bepo_000.jpg



非リアル系着ぐるみ編 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。