So-net無料ブログ作成
検索選択
シン・ゴジラ ブログトップ

蒲田くんケチャップノズルの製作004 [シン・ゴジラ]

 シリコーン型の外部を補強するための外枠型を石膏で作ります。
 作戦としては、シリコーン型の厚みの分まで原型をラップでくるみ、その上に石膏を流し込むことにします。
kamata023.jpg
kamata024.jpg

 石膏は、そのまま使うとかなりの量が必要になり非経済なので、骨材の代わりとして軽石を砕いたパーライトを混ぜてみます。
kamata025.jpg

 これがいけなかった。原型はある程度ラップで巻いて滑らかにはなっていたものの、石膏型に対して逆エッジの部分があったらしく、石膏流し込んで硬化した後に、原型が抜けなくなりました。
 そこで石膏の外枠を壊しつつ、原型をうまく挟み込めるように試行錯誤しました。
kamata026.jpg

 ですが、いまいちうまく石膏型をはがせなかったため、石膏外枠を破壊して原型を取り出しました。
kamata027.jpg
 振り出しに戻る。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

蒲田くんケチャップノズルの製作003 [シン・ゴジラ]

 原型ができたので、ケチャップを出すための穴をエラの部分に開けます。
kamata015.jpg

 穴の開き具合はスモークで確認しました。問題なさそうです。


 後の工程でシリコーンを注入するための型を取る方法を検討しました。
kamata013.jpg
kamata014.jpg

 型取りの方針に沿って、原型の芯材を補強して台座に固定します。
kamata017.jpg
 心材のための中空部分をヤスリで整えて、芯材に木の棒を指して台座に固定しました。
kamata018.jpg
kamata019.jpg
kamata020.jpg
kamata021.jpg

 型の外枠がはまるよう、外枠の一部をくり抜きました。
kamata022.jpg

 次回更新では、シリコーン型の外部を補強するための外枠型を石膏で作る工程をまとめます。


蒲田くんケチャップノズルの製作002 [シン・ゴジラ]

 蒲田くんの原型は、ラフなものから少しずつイメージに似せて修正していきます。
kamata005.jpg
 顔とエラを作りこみ、未発達の前足っぽいところと後ろ足っぽいところを追加します。
kamata006.jpgkamata007.jpgkamata008.jpg

 足には筋肉っぽい凹凸をつけると生き物っぽくなるので、筋肉をイメージして筋をつけて指でなぞって滑らかにならして整えます。
kamata009.jpg
kamata010.jpg
kamata011.jpg

 あとは細かな作りこみをして大まかな原型完成です。
kamata012.jpg

蒲田くんケチャップノズルの製作001 [シン・ゴジラ]

 2016年公開のシン・ゴジラを観ました。小学生並みの感想としては、カッコよくて面白かったです。

シン・ゴジラ Blu-ray2枚組


 劇中、東京の蒲田に上陸したゴジラ第二形態(通称、蒲田くん)がエラから液体を噴出するシーンがあり、それをケチャップで再現してみたくなり、ケチャップノズルを作ることにしました。
 蒲田くんについては下図参照。
 本日時点で完成していますが、製作開始は11月7日で製作工程の記録のために日にちをさかのぼって製作手順をアップロードしていきます。

ゴジラ ムービーモンスターシリーズ ゴジラ2016(第二形態)


 作り始めたのは2016年の11月で、当時は映画のパンフも買っておらず手持ちに資料がなかったので、ネットから蒲田くんの画像を探してきてプリントして参考にしました。
 蒲田くんケチャップノズルの構造は市販のカゴメケチャップ180gボトルに食品用シリコーンで造形したノズルを被せることを想定しました。
kamata001.JPG


 まずはケチャップの大きさに合わせてサイズを検討します。
 首のエラの部分までのケチャップ流路を考慮しましたが、想定よりも大きくなりそうで狼狽えました。
kamata002.JPG
kamata004.JPG

 これを芯にして、外側に石粉粘土で蒲田くんを造形していきます。
 実際に石粉粘土で作り始める前に、手元にあった油粘土でざっくり形作りの練習をしてみました。
kamata003.JPG
 蒲田くんの特徴は、丸い目玉なのでこれさえバランスよく作ることができればたぶん素人造形でもイメージに近いものができるだろうと思います。

シン・ゴジラ ブログトップ