So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

ラーメン屋台の製作 その4 [ラーメン屋台]

 ラーメン屋台は、夜まで営業するので電灯も設置しました。
 使うのは、白熱電球色のLEDです。電源は以前作った太陽光発電システムのバッテリとインバータを流用して組み込みました。
stall_stand_38.JPG
stall_stand_39.JPG

 またラーメン屋台にはビールケースなどを椅子に使うところもあるイメージから、無駄に瓶ビールをケースで買い込み、そのケースを使うことにしました。
stall_stand_44.JPG

 ラーメン屋台の側面に麺や食器などを入れておく棚もあるため、作り付けます。
 材料は余った廃材を使って作ります。
stall_stand_51.JPG
stall_stand_55.JPG

 大晦日までに作り上げて屋台ごっこをしたかったため、棚の引き出しを作るところはまた後日とあきらめました。今後の作り込みで頑張ります。
stall_stand_56.JPG
 全体が仕上がったので、ひとまずここでラーメン屋台らしい写真を撮りました。
stall_stand_59.jpg

 ラーメン屋台遊び当日。
 屋台にはそれっぽいメニュー表を書いて貼っておきました。提灯の明かりと合わせると雰囲気出て良いです。
stall_stand_57.jpg

 調理器具はカセットコンロなど簡易です。寒い冬の夜だと、火力が弱いので風よけなどが必要であることがわかりました。
stall_stand_58.jpg

 大晦日なのでラジオで紅白歌合戦を聴きながら屋台の準備をしていると近所の子供も集まってきたので、ご近所さんと一緒になってラーメン屋台ごっこを楽しみました。

 一旦これにて屋台作りの製作記録は終わります。
 今後、棚の作り込みや移動のための自転車の車輪取り付け、バイク小屋への変形、組み立て機構の作り込みなど改造する内容は盛りだくさんですので、コツコツ作業を進めていきます。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ワンダーフェスティバル2019冬に参加します [シン・ゴジラ]

 2019年2月10日(日曜日)に千葉県の幕張メッセで開催するワンダーフェスティバル2019冬に参加します。

 今回のワンフェスでも、シン・ゴジラ第二形態、通称蒲田くんのケチャップノズルを出品します。
 ケチャップノズルは1つ10000円です。素材はシリコーンと食紅でできています。シリコーンは耐熱性があるので使った後は食洗機で洗うことも可能です。
kamata_cm.png
kamatas.JPG

 ワンフェスでの展示ブースは、今回は5-38-10です。ちょうどディーラー受付の目の前という良い立地です。
wf2019w_map.JPG

ワンフェスで多く展示されている展示物は壊れやすいものも多いため、触ることは禁止されているものも多いですが、当、カシャゴ製作所の作品は見て触れて自由に写真を撮って頂いて構いません。
たくさんのお客様、ディーラーのみなさんに見て触って遊んでいってほしいです。
notice.png

 また、今回は3Dプリンタで出力した、内容物の量で数式がI Love youという文字に変わるマグカップも用意しました。こちらも良ければ見て行ってください。


 当日は寒いらしいので、売り子には寒さに強いシロクマくんにでも頼もうと思います。こちらもぜひ写真など撮って楽しんでいってください。
shirokuma16_013.jpg


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ラーメン屋台の製作 その3 [ラーメン屋台]

 ラーメンの屋台を作るうえで欠かせないと考えたのが暖簾と提灯です。

 提灯は100円で売っていた市販の黄色と白のものに塗装して作ることにしました。
 赤に黒字でラーメンと書いてある提灯にするため、まずは赤スプレーで塗装です。ラーメンという文字の部分をマスキングして、全面を赤色に塗装します。
stall_stand_18.JPG
stall_stand_19.JPG

 マスキングを取り、黒ペンキでラーメンという文字を書き入れました。
stall_stand_40.JPG
 文字を白ペンキで縁取りをすると、ラーメンという文字が遠くからでも見えるようになり、提灯完成です。
stall_stand_42.JPG


 暖簾も提灯のように赤色の綿の布から作ります。
 赤に白い文字でラーメンと書き入れたいので、漂白剤で文字を書いて赤色を抜いて白い文字になるかを実験しました。
 漂白剤はカビキラーです。筆でカビキラーを赤い布に塗りつけて5分、30分と待ちました。
stall_stand_21.JPG
stall_stand_22.JPG
 しかし、脱色はそこまで進まず、にじみもあるので漂白剤を使うのはやめ、白ペンキで文字を書く方針としました。
stall_stand_26.JPG

 文字入れの方針を決めたので、先に暖簾の縫製作業を進めました。
 布を裁断し、ほつれないように布の端をミシンで三つ折り縫いしました。途中まで。後半はめんどうになったので、二つ折り縫いしました。はい。
stall_stand_25.JPG
stall_stand_28.JPG
 暖簾を棒に吊るしても良い形となりました。
stall_stand_29.JPG

 暖簾に『ラーメン』の文字の輪郭をチャコペンで下書きして、白ペンキで文字を書いていきます。
stall_stand_32.JPG
stall_stand_34.JPG

 達筆ではないですが、気持ちの良いラーメンの文字を書けました。
stall_stand_35.JPG

 屋台に取り付ける際は、丸環ネジを取り付けてこの丸環に暖簾の棒を通します。
stall_stand_36.JPG

 暖簾と提灯を屋台に取り付けました。全体のバランスも問題なさそうで、屋台らしさが増しました。
stall_stand_37.JPG

 次回は夜間に屋台を使うための電灯の取り付けと棚の取り付けです。
 冬休み中の工作で大晦日までにラーメン屋台ごっこをするという日程の締め切りを作ったので、棚は形だけにして引出は今回の作業から省きますが、次回で製作記録は完成する予定です。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の3件 | -